サイトへ戻る

ひいな段飾りのパッケージについて

· コラム

リネンの布で包んでお届けいたします

2019年12月30日より、オンラインショップでの予約販売がスタートした桜井こけし店のお雛様「ひいな」。

今年は新たに段飾りをつくりました。

段飾りは、飾り台にもなる桐箱にお入れして、リネン(麻)の布で包んでお届けいたします。

大きくて飾るのが大変なので、年々飾らなくなってしまうというお悩みの声をよく聞く段飾り。

桜井こけし店のひいなの段飾りは、飾りやすさ、収納しやすさも大切に製作いたしました。

ひな祭りが終わったら、飾り台として使っていた桐箱へ入れて、使えば使うほど柔らかくなる麻の布で包んですっきりと片付けられます。

持ち運びもしやすく、転勤などが多い方、収納スペースの少ないマンションにお住いの方などにもおすすめです。

おひなさまを一年に一度箱から出して飾るのは、女の子にとって、とてもワクワクする時間です。

こけしの技術で作った木のお雛様は、月日の流れとともに、だんだん飴色に変化していきます。

初節句のお祝いとして選んでいただき、お子様が生まれた年に製作されたひいなは、お子様の成長とともに一緒に飾ったり片付けたりするうちに、木の肌には自然に艶が生まれ、飴色へ変化していきます。

大切なお子様の成長とともに、年月を重ね、その家庭だけのお雛様に育てていただけたら幸いです。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK