Return to site

又五郎 型

「桜井こけし展」のおはなし1

· コラム

「桜井こけし展」のこけし

ルイーズスクエア帝国ホテルプラザ店さまにて本日よりはじまりました「桜井こけし展」。

今回の企画展のために製作したこけしを少しずつご紹介いたします。

【又五郎型】

鳴子こけしの創始者とよばれる[大沼又五郎(1824~1889)]。

大沼又五郎が製作したと言われるこけしは、現存するものは1体だけである。

桜井こけし店では、先代より、この[又五郎]型のこけし製作に取り組んで来た。目は二側で、鼻は二筆、頭部に緻密に描かれた髷、胴には大柄で奔放に描かれた菊模様。素朴なこけしとは違った繊細でありながら大胆さもある華やかなこけしである。

〈櫻井昭寛作〉

次回は大沼又五郎についてのお話をご紹介いたします。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK