Return to site

宮城セブンの森(エコラの森)

「第一回 こけしの森 植樹祭」のおはなし1

· コラム

「第一回 こけしの森 植樹祭」の背景

先代のこけし工人たちが、次の世代のために行っていたミズキの植樹。

その活動を受け継いだ「第一回 こけしの森 植樹祭」の背景ついて少しずつお話しします。

【 宮城セブンの森(エコラの森)】

植樹を行うのは、宮城県大崎市鳴子温泉に広がる267haの森。

大切にされてきた森がリゾート開発により乱伐され、すっかり荒廃してしまいました。

遠くからは美しく見える森も、一歩中へ入ると放置された木や雑草でいっぱいです。

現在、この森を整備している「NPO法人しんりん」

弱った木々が元気に育つよう手入れをし、未来へつなげる美しい森をつくります。

また、各地域で森づくりに取り組んでいる「セブン-イレブン記念財団」

地域の特徴にあった植樹を行い、10年、20年後を考えた森づくりに取り組んでいます。

この2つの団体が協定を結び『宮城セブンの森』(エコラの森)づくりを行い、毎年この森の整備と植林をしています。

上の写真は実際の植林のようすです。

ひとつひとつ、丁寧に植えていきます。

(「第一回 こけしの森 植樹祭」の詳細についてはこちらをご覧ください。)

次回は「桜井こけし店 先代の想い」についてお話しします。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK